メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

FDA、線維化間質性肺疾患で初の承認薬

 2020年03月11日 18:25
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 米食品医薬品局(FDA)は3月9日、進行性線維化を伴う間質性肺疾患(PF-ILD)の経口治療薬ニンテダニブ(商品名オフェブ)を承認した。同薬は、特発性肺線維症の適応で既に承認されているが、一連の進行性の線維化肺疾患に対する治療薬としてはFDA初の承認となる。なお日本では、特発性肺線維症および全身性強皮症に伴う間質性肺疾患の適応症で承認され、PF-ILDに対する適応拡大を申請中である。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  薬剤情報 »  FDA、線維化間質性肺疾患で初の承認薬

error in template: found but mtif was expected