メニューを開く 検索 ログイン

FDA、線維化間質性肺疾患で初の承認薬

2020年03月11日 18:25

2名の医師が参考になったと回答 

 米食品医薬品局(FDA)は3月9日、進行性線維化を伴う間質性肺疾患(PF-ILD)の経口治療薬ニンテダニブ(商品名オフェブ)を承認した。同薬は、特発性肺線維症の適応で既に承認されているが、一連の進行性の線維化肺疾患に対する治療薬としてはFDA初の承認となる。なお日本では、特発性肺線維症および全身性強皮症に伴う間質性肺疾患の適応症で承認され、PF-ILDに対する適応拡大を申請中である。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  薬剤情報 »  FDA、線維化間質性肺疾患で初の承認薬

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで