メニューを開く 検索を開く ログイン

個別化がん免疫療法の展望

がんワクチンによる再発予防・発症抑制に期待

 2020年03月12日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 免疫チェックポイント阻害薬(ICI)は画期的な薬剤だが、その奏効率は2割程度といわれている。残された8割の患者に対する新たながん免疫療法の開発が求められており、腫瘍を攻撃するT細胞をどのように誘導するかが鍵となる。第17回日本免疫治療学会(2月22日)において、同学会理事長で国立がん研究センター先端医療開発センター免疫療法開発分野分野長の中面哲也氏は、共通がん抗原や腫瘍特異的変異抗原(ネオアンチゲン)を標的とした個別化がん免疫療法の展望について解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今日から飲食店などが原則禁煙に

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  個別化がん免疫療法の展望

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524590 有効期限:4月末まで