メニューを開く 検索を開く ログイン

朝食欠食で糖尿病患者の血管硬化が進展

 2020年03月12日 05:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 2型糖尿病患者は心血管疾患(CVD)発症リスクが高く、動脈硬化は糖尿病患者のCVD発症や死亡と関連するため、2型糖尿病の治療においては、動脈硬化の高リスク者をスクリーニングし発症・進展を予防することが重要となる。順天堂大学大学院代謝内分泌内科学准教授の三田智也氏、教授の綿田裕孝氏らは、コホート研究のサブ解析により2型糖尿病患者における生活習慣と動脈硬化の関連を検討。その結果、朝食を抜く回数が多い者では持続的な動脈硬化の進展が見られたとBMJ Open Diabetes Res Care2020; 8: e001162)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今日から飲食店などが原則禁煙に

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  朝食欠食で糖尿病患者の血管硬化が進展

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524619 有効期限:4月末まで