メニューを開く 検索を開く ログイン

米国で小児の自殺増加、その要因は

 2020年03月18日 05:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 @Getty images

 米国在住の9〜10歳の小児のうち、8.4%が希死念慮を抱いていることが分かった。また、1.3%は実際に自殺を試みた経験があり、0.9%は過去あるいは現在において自殺の計画を立てていた。米・Icahn School of Medicine at Mount SinaiのDelfina Janiri氏らの研究グループがLancet Psychiatry(2020年3月12日オンライン版)で報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

コロナ診療に従事する覚悟は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  米国で小児の自殺増加、その要因は