メニューを開く 検索を開く ログイン

乳がん療法、遺伝子型で用量個別化は不要

タモキシフェンの日本発・世界初試験

 2020年03月18日 05:00
プッシュ通知を受取る

 国立がん研究センター中央病院、慶應義塾大学および理化学研究所の研究グループは、全国54施設と共同で、乳がんタモキシフェン療法における遺伝子型に基づく個別化治療の有効性について、世界初となる前向きランダム化比較試験を実施。その結果を、J Clin Oncol2020; 38: 558-566)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  TEST »  乳がん療法、遺伝子型で用量個別化は不要