メニューを開く 検索を開く ログイン

LINEでギャンブル問題を改善?

 2020年03月19日 05:05
プッシュ通知を受取る

25171_fig1.jpg(Gambot研究の募集サイト*現在は終了)

 現在、日本でギャンブル障害の疑いがある成人の数は約50万〜110万人と推定されている。しかし、その大半は治療を受けていなかったり、保健福祉などの社会的支援につながっていなかったりする。そこで岡山県精神科医療センター/京都大学の宋龍平氏、久里浜医療センター(神奈川県)副院長の松下幸生氏らは、ギャンブル依存症への早期介入を目的にスマートフォン用アプリ「LINE」を用いたGambot(ギャンボット)研究を実施。その結果をJ Gambl Stud(2020年3月11日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

政府、各世帯に布マスク2枚を配布へ

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  LINEでギャンブル問題を改善?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524701 有効期限:4月末まで