メニューを開く 検索を開く ログイン

AIが睡眠障害の診断と治療を強化

米国睡眠医学会が声明発表

 2020年03月21日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images demaerre ※画像はイメージです

 米国睡眠医学会(AASM)は、睡眠医療における人工知能(AI)活用に関する声明をJ Clin Sleep Med(2020年2月5日オンライン版)に発表し、人工知能(AI)がいかに睡眠医療の効率と精度を改善しうるかを解説した。声明は、米・University of MichiganのCathy Goldstein氏を委員長とするAASMの睡眠医療における人工知能委員会が作成したもので、AIと機械支援学習は、睡眠ポリグラフ(PSG)検査で収集される膨大な電気生理学的データの解析に適しており、AIを活用することで患者中心の医療と予後改善の促進につながるとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  AIが睡眠障害の診断と治療を強化