メニューを開く 検索を開く ログイン

妊娠中の嘔気が強いほど産後うつのリスクに

 2020年03月23日 05:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images

 産後うつ(PPD)は各国で報告されており、母親だけでなくその子供や家族、周囲にも影響を及ぼすため、発症の原因究明が求められている。これまでに、妊娠に伴う吐き気や嘔吐(NVP)などとPPDとの関連が示唆されていたが、NVPの重症度との関連や日本人女性にも当てはまるかといった点は、明らかになっていなかった。高知大学のSifa Marie Joell Muchanga氏らは、日本人を対象としたコホート研究を行い、NVPが重症であるほどPPD発症リスクが高まることをJ Psychosom Obstet Gynaecol2020年3月4日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  妊娠中の嘔気が強いほど産後うつのリスクに