メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

厳格な降圧が高齢者の死亡リスクに

 2020年03月23日 18:30
プッシュ通知を受取る

28名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 フレイルでない高齢者では収縮期血圧(SBP)が120mmHg未満であることが心血管や死亡率に便益をもたらすことがランダム化比較試験により示されているが、フレイルの高齢者と血圧の関連は明らかでない。英・University of ExeterのJane A.H. Masoli氏らは、75歳以上の高齢者41万例超の電子健康記録を用いた前向き観察研究の結果、ベースライン時のフレイルの状態にかかわらず血圧が正常値よりも低い高齢者では、正常値の高齢者よりも死亡リスクが上昇することが分かったとAge and Ageing2020年3月5日オンライン版)に発表。厳格な降圧管理の安全性と利点を評価する必要があると述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  厳格な降圧が高齢者の死亡リスクに

error in template: found but mtif was expected