メニューを開く 検索を開く ログイン

低用量アスピリンで肝がんリスク低下

スウェーデン・肝炎患者5万例超の解析

 2020年03月23日 19:04
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 B型/C型肝炎患者で低用量アスピリンを服用している者は、非服用者と比べて肝細胞がんリスクや肝関連死リスクが有意に低かった。米・Massachusetts General HospitalのTracey G. Simon氏らがスウェーデンの登録データを用いた研究結果を、N Engl J Med2020; 382: 1018-1028)に発表した。一方、消化管出血リスクは服用者と非服用者で有意差は示されなかった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ感染者、日本はなぜ少ない

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  低用量アスピリンで肝がんリスク低下

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05524723 有効期限:5月末まで