メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ、潜伏期間中央値は5.1日

14日間の検疫は妥当

 2020年03月23日 16:38
プッシュ通知を受取る

72名の先生が役に立ったと考えています。

 米・Johns Hopkins Bloomberg School of Public HealthのJustin Lessler氏らは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する公表データを解析し、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)曝露から発症までの期間(潜伏期間)の中央値が5.1日であることをAnn Intern Med(2020年3月10日オンライン版)に報告した。この結果は、各国の公衆衛生当局が採用している感染疑い症例に対する14日間の検疫期間が妥当であることを示す一方で、控えめに見ても1万人当たり101人が検疫終了後に発症することを示唆している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ、第二波対策で最重要課題は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナ、潜伏期間中央値は5.1日

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05524741 有効期限:5月末まで