メニューを開く 検索を開く ログイン

米・大腸がん罹患率は中年層で上昇に転じる

 2020年03月24日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 米国では2000年代に大腸内視鏡によるスクリーニングが普及したことを背景に、大腸がんの罹患率や死亡率は劇的に低下した。しかし、米国がん協会(ACS)のRebecca Siegel氏らがまとめた最新データに基づく大腸がん統計の報告書から、65歳以上の高齢者では罹患率・死亡率の低下傾向が続く一方、50~64歳では罹患率が上昇に転じ、50歳未満では罹患率・死亡率が上昇傾向にあることが明らかになった。報告書はCA Cancer J Clin(2020年3月5日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今日から飲食店などが原則禁煙に

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  米・大腸がん罹患率は中年層で上昇に転じる

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524702 有効期限:4月末まで