メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

特発性肺線維症、医師・患者間で認識に差

 2020年03月24日 18:03
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 特発性肺線維症(IPF)は、肺の間質で線維化が進行する致死的な疾患である。根治療法は存在せず、最新のガイドラインでは抗線維化薬を用いた進行抑制が推奨されているが、医師と患者間の認識の違いなどから未治療例が存在するという。神戸市立医療センター西市民病院呼吸器内科部長の冨岡洋海氏らは、IPF患者を診療中の医師およびIPF患者を対象としてIPF治療に関する意識調査を実施。両者にはIPFの病態や抗線維化療法について認識の違いが存在すると、呼吸臨床(2000; 4: e00098)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  特発性肺線維症、医師・患者間で認識に差

error in template: found but mtif was expected