メニューを開く 検索を開く ログイン

特発性肺線維症、医師・患者間で認識に差

 2020年03月24日 18:03
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 特発性肺線維症(IPF)は、肺の間質で線維化が進行する致死的な疾患である。根治療法は存在せず、最新のガイドラインでは抗線維化薬を用いた進行抑制が推奨されているが、医師と患者間の認識の違いなどから未治療例が存在するという。神戸市立医療センター西市民病院呼吸器内科部長の冨岡洋海氏らは、IPF患者を診療中の医師およびIPF患者を対象としてIPF治療に関する意識調査を実施。両者にはIPFの病態や抗線維化療法について認識の違いが存在すると、呼吸臨床(2000; 4: e00098)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今日から飲食店などが原則禁煙に

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  特発性肺線維症、医師・患者間で認識に差

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524742 有効期限:4月末まで