メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

腸管型ベーチェット病、初のRCTが進行中

アダリムマブとステロイドを比較

 2020年03月25日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 腸管型ベーチェット病に対する抗TNFα抗体製剤アダリムマブとステロイドの有効性を検討する、医師主導型の多施設共同ランダム化比較試験(RCT)Castle Studyが進行中である。兵庫医科大学腸管病態解析学特任准教授の渡辺憲治氏は、第16回日本消化管学会(2月7〜8日)で試験実施に至った背景を概説するとともに、中間解析の結果を報告。希少疾患故に目標症例数に未到達であるものの、「本試験は腸管型ベーチェット病の寛解導入療法に関する世界初の前向きRCTであり、エビデンス創出につなげるべく、目標症例数達成に向けて粘り強く進んでいきたい」と意気込みを述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  腸管型ベーチェット病、初のRCTが進行中

error in template: found but mtif was expected