メニューを開く 検索 ログイン

腸管型ベーチェット病、初のRCTが進行中

アダリムマブとステロイドを比較

2020年03月25日 05:00

2名の医師が参考になったと回答 

 腸管型ベーチェット病に対する抗TNFα抗体製剤アダリムマブとステロイドの有効性を検討する、医師主導型の多施設共同ランダム化比較試験(RCT)Castle Studyが進行中である。兵庫医科大学腸管病態解析学特任准教授の渡辺憲治氏は、第16回日本消化管学会(2月7〜8日)で試験実施に至った背景を概説するとともに、中間解析の結果を報告。希少疾患故に目標症例数に未到達であるものの、「本試験は腸管型ベーチェット病の寛解導入療法に関する世界初の前向きRCTであり、エビデンス創出につなげるべく、目標症例数達成に向けて粘り強く進んでいきたい」と意気込みを述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  腸管型ベーチェット病、初のRCTが進行中

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで