メニューを開く 検索を開く ログイン

救急外来で虫垂炎は見逃されがち

 2020年03月26日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images Vadzim Kushniarou ※画像はイメージです

 虫垂炎は米国における一般的な外科的疾患の1つだが、救急外来では虫垂炎の正確な診断が困難な場合があり、見逃されるケースもある。米・University of MichiganのParashant Mahajan氏らによる新たな研究では、救急外来を訪れた虫垂炎患者のうち成人で6%、小児で4.4%が初診では虫垂炎と診断されずに見逃されていた可能性があったという。同氏らは、見逃されやすい例やその要因についても調査し、詳細をJAMA Netw Open(2020; 3: e200612)に報告した。(関連記事「虫垂炎疑いの小児で不要な手術の可能性」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  救急外来で虫垂炎は見逃されがち

error in template: found but mtif was expected