メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナ連絡協 「緊急事態」など議題に...ドライブスルー検査 提案も〔読売新聞〕

 2020年03月26日 10:44
プッシュ通知を受取る

 政府と与野党は25日、新型コロナウイルス感染症対策について意見交換する「連絡協議会」の第2回会合を国会内で開いた。

 協議会には初回同様、与野党の政策責任者と、政府の立場から西村明宏官房副長官が出席した。

 立憲民主などの野党共同会派は、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく政府対策本部設置の時期や、緊急事態宣言の際の国会への事前報告時期の目安などを明示するよう求めた。野党が雇用調整助成金の申請手続きは複雑だと指摘し、与党が同調すると、政府が「改善したい」と応じる一幕もあった。

 野党共同会派は感染拡大防止に向けた提案も行い、ウイルス検査のドライブスルー化などを具体策として示した。要請事項は初回の要望も合わせて23項目にのぼった。日本維新の会は、キャンセルで空室が増えているホテルを借り上げ、軽症者用の待機施設とするなどの案を盛り込んだ提言文書を出した。

 立民の逢坂政調会長は会合後、「協議会の場を活用する意義が2回目になってさらに高まった」と記者団に語った。

(2020年3月26日 読売新聞)

ヨミドクター

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今日から飲食店などが原則禁煙に

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  yomiDr. »  コロナ連絡協 「緊急事態」など議題に...ドライブスルー検査 提案も〔読売新聞〕

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524785 有効期限:4月末まで