メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

世界の熱中症患者、2100年までに年間12億人に

 2020年03月30日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 地球温暖化に歯止めがかからないと、今世紀(21世紀)末までに世界の熱中症患者数は現在の4倍に増加するとの試算が示された。米・Rutgers UniversityのDawei Li氏らは、気候シミュレーションモデルを用いた検討で地球の平均地表気温(global-mean surface air temperature :GSAT)上昇に伴い、極度の高温多湿への曝露地域が世界的に拡大すると予測。現在の温室効果ガス排出量と人口分布が持続した場合、2100年までに毎年12億人超が熱中症のリスクにさらされるとの研究結果をEnviron Res Lett(2020年3月5日オンライン版)に発表した(関連記事「熱中症:診療所3種の神器は霧吹き(40℃の湯)、扇風機、シャーベット状氷!」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  その他診療領域 »  世界の熱中症患者、2100年までに年間12億人に

error in template: found but mtif was expected