メニューを開く 検索を開く ログイン

今、集中治療を守るためにあらゆる手立てを!

−日本集中治療医学会理事長が声明−

 2020年04月02日 18:37
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 日本でも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の爆発的患者急増(オーバーシュート)が間近といわれている。現段階で最も危惧されるのが、いわゆる医療崩壊、特に重症患者に対する集中治療体制の崩壊であろう。昨日(4月1日)、日本集中治療医学会理事長の西田修氏は、この点に関する深刻な問題意識を表明した。イタリアにおけるCOVID-19患者の致死率の高さは集中治療室(ICU)のベッド数の少なさが原因であり、日本のICUベッド数はさらにその半分だという。同氏は、患者集中時のシミュレーションなど今できるあらゆる手立てを施して、集中治療体制を維持しようと強く訴えた。理事長声明の主旨を紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  今、集中治療を守るためにあらゆる手立てを!