メニューを開く 検索を開く ログイン

前立腺がんPSA検診は是か非か【前編】

反対意見に対する日本泌尿器科学会の見解

 2020年04月03日 05:20
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 前立腺がんは日本人男性で最も多いがんであり、特に65歳以上の男性で好発する。自覚症状に乏しいため、早期発見には前立腺特異抗原(PSA)検査が有効とされている。しかし、厚生労働省がん研究班が2008年に発表した『有効性評価に基づく前立腺がん検診ガイドライン』では、PSA検診を「早期診断をする上で有用な検査である」としながらも「死亡率減少効果の有無を判断する証拠が現状では不十分であるため、現在のところ対策型検診として実施することは勧められない(推奨度Ⅰ)」とするなど、懐疑的な意見も少なくない。日本泌尿器科学会は3月17日に東京都で記者会見を開き、新事実に基づくPSA検診の在り方について訴えるとともに、反対意見に対する同学会の見解を明示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  前立腺がんPSA検診は是か非か【前編】

error in template: found but mtif was expected