メニューを開く 検索を開く ログイン

リンパ球数、CRP、フェリチンが重症化因子

COVID-19国内入院28症例の検討

 2020年04月04日 05:00
プッシュ通知を受取る

112名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症、COVID-19感染爆発の懸念が日本でも現実味を帯びてきた。臨床の場で大きな問題となるのは、多くのPCR陽性例が無症状で推移する半面、突然悪化する例が少なくない点だろう。どのような例が悪化しやすいのかの見きわめが、喫緊のテーマとなっている。この点から、埼玉県立循環器・呼吸器病センターの倉島一喜氏らは、入院28症例を対象に重症化の危険因子を検討。リンパ球数、CRP、フェリチンが重症化に関わることを報告した。日本感染症学会の公式サイトから紹介する。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  リンパ球数、CRP、フェリチンが重症化因子