メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

新薬がHFrEFの心血管死/入院を抑制

sGC刺激薬 vericiguatの第Ⅲ相試験VICTORIA

 2020年04月06日 11:35
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 経口可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激薬vericiguatの上乗せは、左室駆出率(LVEF)低下を伴う慢性心不全(HFrEF)患者の心血管死/心不全による入院リスクを標準治療と比べ10%抑制した。カナダ・University of AlbertaのPaul W. Armstrong氏らが、HFrEFの悪化が見られる患者を対象にvericiguatの有効性と安全性を検討した第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験VICTORIA *の結果を、米国心臓病学会/世界心臓病学会議2020〔ACC.20/WCC、3月28~30日、シカゴ(注:同学会は新型コロナウイルス感染症の影響でウエブ上の開催となった)〕で発表した。詳細はN Engl J Med2020年3月28日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  新薬がHFrEFの心血管死/入院を抑制

error in template: found but mtif was expected