メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

COVID-19のオーバーシュート対策を提言

ダイヤモンド・プリンセス号でのノウハウを紹介

 2020年04月09日 05:15
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 現在、日本各地で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(COVID-19)患者の爆発的な増加(オーバーシュート)が懸念されている。横浜市立大学大学院救急医学主任教授の竹内一郎氏は、今年(2020年)2月上旬、横浜港に寄港し、多数のSARS-CoV-2感染者が確認された客船ダイヤモンド・プリンセス号において医療従事者が乗客・乗員に実施した層別化策を説明。船内のポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査陽性者500人以上を受け入れた横浜市の各医療機関でオーバーシュートが発生しなかったことを報告し、今後、各地の医療機関でもこうした取り組みが参考になると日本集中治療医学会の公式サイトで提言した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  COVID-19のオーバーシュート対策を提言

error in template: found but mtif was expected