メニューを開く 検索を開く ログイン

COVID-19のオーバーシュート対策を提言

ダイヤモンド・プリンセス号でのノウハウを紹介

 2020年04月09日 05:15
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 現在、日本各地で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(COVID-19)患者の爆発的な増加(オーバーシュート)が懸念されている。横浜市立大学大学院救急医学主任教授の竹内一郎氏は、今年(2020年)2月上旬、横浜港に寄港し、多数のSARS-CoV-2感染者が確認された客船ダイヤモンド・プリンセス号において医療従事者が乗客・乗員に実施した層別化策を説明。船内のポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査陽性者500人以上を受け入れた横浜市の各医療機関でオーバーシュートが発生しなかったことを報告し、今後、各地の医療機関でもこうした取り組みが参考になると日本集中治療医学会の公式サイトで提言した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東京、6月1日からステップ2に緩和」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  COVID-19のオーバーシュート対策を提言

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06529807 有効期限:6月末まで