メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナで救急医療崩壊が加速

日本救急医学会・日本臨床救急医学会代表理事声明

 2020年04月10日 20:20
プッシュ通知を受取る

143名の先生が役に立ったと考えています。

 日本救急医学会(代表理事・嶋津岳士氏)および日本臨床救急医学会(同・坂本哲也氏)は4 月9 日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する緊急事態宣言において、安倍晋三首相が医療提供体制の逼迫について言及した点を踏まえ、救急医療が直面している現状と課題をまとめた代表理事声明を公式サイトで発表した。両学会は、医療崩壊が生じる兆候が救急医療体制の崩壊だと指摘。学会員から窮状を訴える声が上がっていることを明かすとともに、行政関係者に対し強く理解を求めた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ感染者、日本はなぜ少ない

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナで救急医療崩壊が加速

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05529961 有効期限:5月末まで