メニューを開く 検索を開く ログイン

COVID-19、消化器病診療における留意点

 2020年04月11日 05:00
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受けて、消化器病診療においても慎重な対応が求められている。日本消化器病学会は、現在のCOVID-19流行の状況に鑑みた消化器病診療の留意点について公式サイトに掲載した。同学会では、上部消化器内視鏡のスコープ挿入時の咳嗽、胃管挿入や腹腔鏡手術、電気メス処置時などに発生するエアロゾル、糞便からの感染などに留意するように呼びかけている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  COVID-19、消化器病診療における留意点

error in template: found but mtif was expected