メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

どうする?新型コロナ罹患妊婦の分娩対応

災害時小児周産期リエゾンを活用した神奈川モデル

 2020年04月13日 17:29
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が蔓延し、妊婦の感染例が報告されている。日本でも、COVID-19に罹患した妊婦を周産期管理が行える施設にスムーズに搬送するシステムの整備が喫緊の課題となっている。横浜市立大学産婦人科学准教授の倉澤健太郎氏は、ウェブで行われた日本産婦人科医会第140回記者懇談会(4月8日)で、現状の課題と神奈川県で協議中の搬送システムについて紹介した(関連記事「妊婦の新型コロナ、自然免疫維持で予防」「新型コロナ妊婦、産婦人科医会が対応指針」。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  どうする?新型コロナ罹患妊婦の分娩対応

error in template: found but mtif was expected