メニューを開く 検索を開く ログイン

喘息予防・管理にプラントベース食が有用

 2020年04月14日 05:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 喘息の予防や管理には植物性食品を主体とした食事である「プラントベース・ダイエット(以下、プラントベース食)」が有用な一方で、乳製品や高脂質の食品は喘息リスクを高める可能性が示された。米・Physicians Committee for Responsible MedicineのJihad Alwarith氏らの研究グループは、食事と喘息予防・管理に関する論文のレビューを実施、結果をNutr Rev2020年3月13日オンライン版)に発表した。同氏らは、喘息に対する食事療法の有用性を確認するために、食事成分が喘息の転帰に影響を及ぼすメカニズムを検討する介入試験が必要と指摘している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  喘息予防・管理にプラントベース食が有用