メニューを開く 検索を開く ログイン

大気汚染と認知症の関連にCVDが介在

 2020年04月15日 05:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images hedgehog94 ※画像はイメージです

 スウェーデン・Karolinska InstitutetのGiulia Grande氏らは、スウェーデンの高齢者約3,000人における検討で、継続的に大気汚染に曝露されている人は認知症リスクが高く、特に心血管疾患(CVD)を有する場合にリスクが高いことが示唆されたとJAMA Neurology(2020年3月30日オンライン版)に報告した。同氏らは、大気汚染レベルが高い環境に住むCVD患者には、認知症予防のために追加の医療支援が必要であると指摘している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京でコロナ患者急増、対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  大気汚染と認知症の関連にCVDが介在

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07529958 有効期限:7月末まで