メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナワクチンをパッチで接種

数カ月以内の第Ⅰ相試験開始を目指す

 2020年04月16日 05:10
プッシュ通知を受取る

54名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 University of Pittsburgh School of Medicine

 米・University of PittsburghのEun Kim氏らは、最新の組み換えDNA技術とワクチンデリバリー戦略を用いた、有望な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン候補を開発したとEBioMedicine2020年4月2日オンライン版)に発表。マウスの実験で、マイクロニードルアレイ(MNA)と呼ばれる、指先サイズのパッチを介してリコンビナント新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンを接種した後、2週間で強力な抗原特異的抗体反応が誘発されたことを確認。数カ月以内での臨床試験開始を目指しているという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東京、6月1日からステップ2に緩和」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナワクチンをパッチで接種

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06529947 有効期限:6月末まで