メニューを開く 検索を開く ログイン

米国で自己免疫疾患が増加傾向

1988~2012年調査

 2020年04月20日 05:00
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国立衛生研究所(NIH)などの調査から、米国で自己免疫疾患が増加傾向にある可能性が示唆された。米・Social & Scientific SystemsのGregg E. Dinse氏らは、12歳以上の米国人における抗核抗体(ANA)陽性率を初めて経時的に調査した結果をArthritis Rheumatol2020年4月7日オンライン版)に発表した。ANA陽性率は過去25年間に上昇を続けており、この傾向は男性、非ヒスパニック系白人、50歳以上および10歳代で顕著に見られたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  リウマチ・膠原病 »  米国で自己免疫疾患が増加傾向

error in template: found but mtif was expected