メニューを開く 検索を開く ログイン

麻酔時のスガマデクスで肺合併症が大幅減少

 2020年04月27日 05:05
プッシュ通知を受取る

41名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 ©︎ Getty Images photographer  ※画像はイメージです

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による人工呼吸器の不足が大きく報道されているが、人工呼吸器は全身麻酔手術において筋弛緩した患者の呼吸補助にも必須である。一方で術後の残存筋弛緩は以前から肺合併症に関与する重要な問題とされてきた。米・University of MichiganのSachin Kheterpal氏らは、作用機序が異なる筋弛緩拮抗薬2剤(スガマデクス、ネオスチグミン)で術後肺合併症の頻度を比較する観察研究を実施。スガマデクス投与患者で合併症が大幅に少なかったとAnesthesiology(2020年4月8日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  麻酔科 »  麻酔時のスガマデクスで肺合併症が大幅減少