メニューを開く 検索を開く ログイン

ASCO、パンデミック下の不安軽減策を紹介

がん患者でも不安・ストレスが増大

 2020年04月27日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がパンデミックに突入し、多くの人が在宅勤務や外出自粛などさまざまな変化を強いられる状況に置かれている。がん患者も例外でなく、変化への適応が求められる中、不安や精神的なストレスを受けやすい状態となっている。米・Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのShelly Latte-Naor氏らは、米国臨床腫瘍学会(ASCO)のニュースメディア「The ASCO Post」の2020年4月15日付記事で不安・ストレスの有用な軽減策としてMind-Body Therapiesを紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  ASCO、パンデミック下の不安軽減策を紹介

error in template: found but mtif was expected