メニューを開く 検索を開く ログイン

PCR検査陽性率低いと新型コロナの死者数減少

世界で初めて両者の相関関係示す

 2020年04月28日 05:05
プッシュ通知を受取る

24名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断にはPCR検査が用いられるが、実施率は国により大きく異なる。千葉大学大学院薬学研究院教授の樋坂章博氏らは、世界各国のPCR検査による新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)陽性率やCOVID-19による死亡者数を解析。西洋諸国では、陽性率が7.0%未満の国における1日当たりのCOVID-19による死亡者数が、それ以上の国のわずか約15%であることを明らかにした。両者の相関関係を示したのは世界初となる。研究の詳細は、査読前論文公開サイト「Preprints2020年4月21日オンライン版)に掲載されている。(関連記事「PCR検査の実施件数、なぜ伸びない︖」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  PCR検査陽性率低いと新型コロナの死者数減少

error in template: found but mtif was expected