メニューを開く 検索 ログイン

がん診断の1年前に感染症リスク最大に

7年間の症例対照研究

2020年04月30日 05:10

18名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 国内の7年間のレセプトデータベースを使用した症例対照研究で、がんと診断される数年前から感染症リスクが高くなる可能性が示された。京都大学の井内田科子氏らがCancer Immunol Res2020年4月17日オンライン版)で発表した。新規にがんと診断された30歳以上の患者では、対照群に比べてがん診断の1年前にインフルエンザ、胃腸炎、肝炎または肺炎の罹患率が最も高くなったという。この知見はがんの早期発見・予防に役立つ可能性があるとして、前がん状態での臨床的炎症、感染および免疫の関係を研究する必要性を指摘している。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  がん診断の1年前に感染症リスク最大に