メニューを開く 検索 ログイン

日循、COVID-19下の診療体制を提言

2020年05月01日 14:45

7名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大による医療資源の逼迫は、受け入れを決めた医療機関にとどまらず、多科の診療体制に影響を及ぼしている。こうした事態を受け、日本循環器学会では循環器医療の現場で発生している問題に関して情報共有・発信を行う「COVID-19対策特命チーム」(委員長:佐賀大学循環器内科教授・野出孝一氏)を結成。4月26日に「COVID-19流行期における循環器医療体制維持に関する提言」(以下、提言)を公式サイトで公表した。(関連記事:「脳卒中・循環器病患者に適切な医療を」)(関連記事:「コロナ拡大下でのPCI指針を公表」

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  日循、COVID-19下の診療体制を提言

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD530123 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外