メニューを開く 検索を開く ログイン

ロックダウンによる睡眠への影響を調査

日本含む世界で実施中

 2020年05月07日 11:48
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックに伴い世界各国・地域で実施されているロックダウン(都市封鎖)や行動制限は、人々の睡眠覚醒リズムにどのような影響を及ぼすのか。ドイツ・Ludwig-Maximilians-University Munich, Institute of Medical Psychology教授のTill Roenneberg氏らは、Global Chrono Corona Surveyと称する世界規模のオンライン調査を開始。これを受け、日本睡眠学会でも日本語版を用意し回答協力を呼びかけている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  ロックダウンによる睡眠への影響を調査