メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

米・NIHがN95マスクの再利用法を発表

過酸化水素ガスなどが有効

 2020年05月07日 05:00
プッシュ通知を受取る

120名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行により、医療従事者が着用するN95マスクなどの防護用品の不足が深刻化する中、日本でも院内感染が増え続けている。米国立衛生研究所(NIH)に属する国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のRobert J. Fischer氏らは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に曝露されたN95マスクの除菌法を検証。過酸化水素ガス(VHP)が最も効果的で3回まで再利用可能、70℃の加熱または紫外線(UV)の照射も許容でき、2回まで再利用可能と評価した。これらの結果は、公衆衛生施策を支援するため査読前論文公開サイト「medRxiv」(2020年4月11日オンライン版)に掲載された。(関連記事「重症1例につきN95マスク1日50枚は必要」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  米・NIHがN95マスクの再利用法を発表

error in template: found but mtif was expected