メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ入院患者の特徴は―米国

NY州における入院5,700例の検討

 2020年05月08日 05:05
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染者が全米で最多となっているニューヨーク州。感染拡大防止のため経済活動を停止中で、再開には慎重な構えだという。米・Feinstein Institutes for Medical ResearchのSafiya Richardson氏らは、そんなニューヨーク州における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)入院患者の臨床的特徴と転帰を調査。その結果、中国からの報告と同様、高齢、男性、高血圧や糖尿病などの併存疾患を持つといった特徴が挙げられると、JAMA2020年4月22日オンライン版)に発表した(関連記事「新型コロナ、慢性疾患の50歳以上男性で注意」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京でコロナ患者急増、対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナ入院患者の特徴は―米国

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530159 有効期限:7月末まで