メニューを開く 検索を開く ログイン

COVID-19重症化の鍵握る「血栓・炎症」

ACC主催ウェブセミナー

 2020年05月12日 20:07
プッシュ通知を受取る

55名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と心血管系との密接な関連が、脚光を浴びている。基礎疾患としての心血管疾患(CVD)はCOVID-19重症化や死亡のリスクを増す一方、COVID-19重症化に伴って心筋傷害の合併率が高まる。では、心筋傷害、重症化の引き金を引くのは何か―。米国心臓病学会(ACC)主催の2つのウェブセミナー1,2からは、「血栓」と「炎症」の2つのキーワードが浮かび上がってくる。そこでCVD合併例に焦点を当てながら、喫緊の課題であるCOVID-19患者の重症化を防ぐ手立てを探った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍での避難所生活。最も呼び掛けたい注意点は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  COVID-19重症化の鍵握る「血栓・炎症」

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530232 有効期限:7月末まで