メニューを開く 検索を開く ログイン

着床不全治療におけるタクロリムスの可能性

 2020年05月13日 05:05
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 体外受精において良好な胚を4個以上かつ3回以上移植しても妊娠しない反復着床不全(RIF)。杉山産婦人科新宿(東京都)院長の中川浩次氏は第72回日本産科婦人科学会(4月23日~5月11日、ウェブ開催)で、RIFの原因の1つ免疫学的拒絶に対する対策としての免疫学的環境に基づく不妊治療について発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  女性疾患・周産期 »  着床不全治療におけるタクロリムスの可能性