メニューを開く 検索を開く ログイン

着床不全治療におけるタクロリムスの可能性

 2020年05月13日 05:05
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 体外受精において良好な胚を4個以上かつ3回以上移植しても妊娠しない反復着床不全(RIF)。杉山産婦人科新宿(東京都)院長の中川浩次氏は第72回日本産科婦人科学会(4月23日~5月11日、ウェブ開催)で、RIFの原因の1つ免疫学的拒絶に対する対策としての免疫学的環境に基づく不妊治療について発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ、第二波対策で最重要課題は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  女性疾患・周産期 »  着床不全治療におけるタクロリムスの可能性

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05530191 有効期限:5月末まで