メニューを開く 検索を開く ログイン

左室駆出率低下例にはPCIかCABGか?

カナダ・1万2,000例超のコホート研究

 2020年05月14日 05:10
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 ©Getty Images ※画像はイメージです

 左室駆出率(LVEF)が重度に低下した冠動脈疾患(CAD)患者に対し、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)と冠動脈バイパス術(CABG)のどちらを選択すべきか、そのよりどころとなるデータは十分でない。カナダ・University of Ottawa Heart InstituteのLuise Y. Sun氏らは、PCIまたはCABGを施行したLVEF低下CAD患者の長期予後を比較する後ろ向きコホート研究を実施。結果をJAMA Cardiol2020年4月8日オンライン版)に報告した。CAD患者の治療法を比較した研究は少なくないものの、LVEF低下例は対象から除外される場合がほとんどである。同研究はLVEF低下例におけるPCIとCABGの長期成績を検討した最大規模のものであり、こうした患者の治療方針を決定する際の参考になることが期待される。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者2ケタ続く東京。どうすればいい?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  左室駆出率低下例にはPCIかCABGか?

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06530213 有効期限:6月末まで