メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  顔の3D画像、睡眠時無呼吸を高精度で判別

顔の3D画像、睡眠時無呼吸を高精度で判別

2020年05月15日 05:10

11名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 Journal of Clinical Sleep Medicine

 顔面の三次元(3D)画像の解析により閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の有無を判別できる可能性を示した研究結果を、オーストラリア・University of Western AustraliaのPeter Eastwood氏らがJ Clin Sleep Med2020; 16: 493-502)に発表した。OSA患者とOSAのない成人の顔面の3D画像データを用いたこの研究では、測地線距離(曲面上の2点を結ぶ最短距離)を測定することでOSAの有無を89%の高精度で判別できることが示された。同氏は「顔面の3D画像はOSAのスクリーニングツールになりうる」と期待を示している。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  顔の3D画像、睡眠時無呼吸を高精度で判別