メニューを開く 検索 ログイン

顔の3D画像、睡眠時無呼吸を高精度で判別

2020年05月15日 05:10

11名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 Journal of Clinical Sleep Medicine

 顔面の三次元(3D)画像の解析により閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の有無を判別できる可能性を示した研究結果を、オーストラリア・University of Western AustraliaのPeter Eastwood氏らがJ Clin Sleep Med2020; 16: 493-502)に発表した。OSA患者とOSAのない成人の顔面の3D画像データを用いたこの研究では、測地線距離(曲面上の2点を結ぶ最短距離)を測定することでOSAの有無を89%の高精度で判別できることが示された。同氏は「顔面の3D画像はOSAのスクリーニングツールになりうる」と期待を示している。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  顔の3D画像、睡眠時無呼吸を高精度で判別

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD530202 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外