メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

COVID-19で血栓症のリスク増大に警鐘

国内外の学会が警鐘 抗凝固薬で予防を

 2020年05月15日 16:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症例における危険な合併症として「血液の凝固異常」や「血栓症」が注目されている。世界的に感染が拡大していた今年3月下旬に、国際血栓止血学会(ISTH)がCOVID-19の凝固異常に関する暫定ガイダンスを公表し、血栓止血学分野から診断や治療法に関するアプローチを示した。国内でも5月8日、同学会DIC標準化委員会の委員長である順天堂大学順天堂医院救急科教授の射場敏明氏が、日本集中治療医学会のウェブサイトで、COVID-19の重症化には凝固異常や血栓形成が関わっていることが予想されるとして「抗凝固療法による積極的な介入を考慮する必要がある」との提言を行った。これに続き、5月13日には日本血栓止血学会が「COVID-19によって血栓症発症リスクが増大する」と警鐘文を掲載し、抗凝固療法の重要性を訴えている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  COVID-19で血栓症のリスク増大に警鐘