メニューを開く 検索を開く ログイン

世界の変形性関節症は3億例超

世界疾病負担研究(GBD)2017

 2020年05月18日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 世界疾病負担研究(GBD)2017のデータを用いて世界195カ国・地域における1990~2017年の変形性関節症(OA)の疫学的傾向を検討した結果、2017年の股関節・膝OAの有病者数は3億例超で、10万人対の年齢標準化点有病率が3,754.2、障害生存年数(YLD)率は118.8と推定され、これらの値は1990年から10%近く増加した。イラン・Tabriz UniversityのSaeid Safiri氏らが、Ann Rheum Dis(2020年5月12日オンライン版)に発表した。OA有病率が高い高齢女性を中心に予防対策を推進し、将来の疾病負担と障害を効果的に減らす必要があると指摘している(関連記事「米・変形性関節症ガイドラインを改訂」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東京、6月1日からステップ2に緩和」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  世界の変形性関節症は3億例超

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06530255 有効期限:6月末まで