メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナに災害用情報システムを応用

産科婦人科学会の独自システム「PEACE」

 2020年05月18日 16:40
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 日本産科婦人科学会では、2017年5月から学会員向けに大規模災害対策情報システム(Perinatal Early Assessment and Communication system for Emergencies;PEACE)を運用している。広域に及ぶ大規模災害により複数の産婦人科施設が被災した際、被災情報を取りまとめて早期支援を図るためのインターネット上の情報共有システムだ。このシステムが今、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としても活用されているという。久留米大学産科婦人科学教室講師の津田尚武氏が、第72回日本産科婦人科学会(4月23~5月11日ウェブ開催)で運用方法について紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  女性疾患・周産期 »  新型コロナに災害用情報システムを応用