メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナで治療中断による効果消失に警鐘

日本骨代謝学会・日本骨粗鬆症学会が提言

 2020年05月18日 18:10
プッシュ通知を受取る

26名の先生が役に立ったと考えています。

 投与経路が経口でないテリパラチド、ロモソズマブなどの骨粗鬆症治療薬は、投与中止後数カ月以内に効果が消失する。これを踏まえ日本骨代謝学会および日本骨粗鬆症学会は、新型コロナウイルス感染症(COVOD-19)予防の観点から医療機関を受診できない、または受診頻度を減らしたいと望む患者が治療中断に至らずに済む代替策をまとめ、両学会の公式サイトで提言した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東京、6月1日からステップ2に緩和」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  新型コロナで治療中断による効果消失に警鐘

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06530289 有効期限:6月末まで