メニューを開く 検索 ログイン

新型コロナで治療中断による効果消失に警鐘

日本骨代謝学会・日本骨粗鬆症学会が提言

2020年05月18日 18:10

26名の医師が参考になったと回答 

 投与経路が経口でないテリパラチド、ロモソズマブなどの骨粗鬆症治療薬は、投与中止後数カ月以内に効果が消失する。これを踏まえ日本骨代謝学会および日本骨粗鬆症学会は、新型コロナウイルス感染症(COVOD-19)予防の観点から医療機関を受診できない、または受診頻度を減らしたいと望む患者が治療中断に至らずに済む代替策をまとめ、両学会の公式サイトで提言した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  新型コロナで治療中断による効果消失に警鐘

医師限定初回登録キャンペーン!
初めて会員登録いただいた医師会員には
500円分のポイント進呈!

※既に会員の方、過去に利用された方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD530289 有効期限:5月末まで