メニューを開く 検索 ログイン

心因性視覚障害、診療のポイントは

2020年05月19日 05:07

10名の医師が参考になったと回答 

 器質的疾患を認めず、精神的・心理的要因で視力が低下した状態を心因性視覚障害と呼ぶ。6〜15歳の女児に好発する眼心身症と全年齢で発症する眼転換症状性神経症に分けられるが、特に前者では患児に視力低下や心的ストレスの自覚が乏しく、学校健診における視力検査・色覚検査の結果から受診に至るケースが多い。むらき眼科(滋賀県甲賀市)院長の村木早苗氏は第124回日本眼科学会(4月27日〜5月18日、ウェブ開催)で、心因性視覚障害を診療する上でのポイントを解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »   »  心因性視覚障害、診療のポイントは

error in template: found but mtif was expected