メニューを開く 検索を開く ログイン

2型糖尿病リスク高める61の遺伝子領域発見

筋肉や脂肪の分化、マイクロRNAに関連

 2020年05月19日 14:37
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 東京大学名誉教授の門脇孝氏ら研究グループは、40万人規模の東アジア人集団の遺伝情報を用いたゲノムワイド関連解析(GWAS)の大規模メタ解析を行い、2型糖尿病発症のリスクを高める遺伝子領域を新たに61カ所同定したと発表した。2型糖尿病の遺伝要因には、筋肉や脂肪といったインスリン感受性に関わる臓器やマイクロRNAが寄与することを示す解析結果で、詳細はNature2020年5月6日オンライン版)に掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東京、6月1日からステップ2に緩和」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  2型糖尿病リスク高める61の遺伝子領域発見

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06530285 有効期限:6月末まで