メニューを開く 検索を開く ログイン

感染症・妊娠高血圧での死亡抑止に注力を

妊産婦死亡報告事業

 2020年05月20日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 日本産科婦人科医会が2010年から毎年継続している妊産婦死亡報告事業は、周産期医療関係者に標準的な母体救命法を普及させることに寄与している。日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)理事で聖マリアンナ医科大学産婦人科学教授の長谷川潤一氏は、同事業の報告内容を示し、近年、産科危機的出血による妊産婦死亡が減少している一方、感染症や妊娠高血圧症候群に対する母体の救命措置が今後の課題であると第72回日本産科婦人科学会(4月23~28日ウェブ開催)で指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  女性疾患・周産期 »  感染症・妊娠高血圧での死亡抑止に注力を

error in template: found but mtif was expected