メニューを開く 検索を開く ログイン

血小板凝集塊を分類する初の手法を開発

 2020年05月22日 05:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 東京大学の研究グループが、人工知能を用いることで血小板凝集塊の分類を可能にする世界初の定量モデル化手法インテリジェント血小板凝集塊分類法(iPAC)の開発に成功した。同研究の詳細は、eLife(2020年5月12日オンライン版)で公開されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍での避難所生活。最も呼び掛けたい注意点は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  基礎医学 »  血小板凝集塊を分類する初の手法を開発

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530314 有効期限:7月末まで