メニューを開く 検索を開く ログイン

下水疫学調査で新型コロナの流行状況把握を

北大・下水中のSARS-CoV-2に関する総説論文発表

 2020年05月22日 15:35
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 北海道大学大学院工学研究院の北島正章氏、山梨大学大学院総合研究部教授の原本英司氏らの国際共同研究グループは、下水中に存在する新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の実態に関する知見を体系的に整理した総説論文を発表した。北島氏らは「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行状況を把握する上で、下水疫学調査は有用な手法となりうる」と述べている。詳細はSci Total Environ2020年4月30日オンライン版)に報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  下水疫学調査で新型コロナの流行状況把握を