メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  下水疫学調査で新型コロナの流行状況把握を

下水疫学調査で新型コロナの流行状況把握を

北大・下水中のSARS-CoV-2に関する総説論文発表

2020年05月22日 15:35

8名の医師が参考になったと回答 

 北海道大学大学院工学研究院の北島正章氏、山梨大学大学院総合研究部教授の原本英司氏らの国際共同研究グループは、下水中に存在する新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の実態に関する知見を体系的に整理した総説論文を発表した。北島氏らは「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行状況を把握する上で、下水疫学調査は有用な手法となりうる」と述べている。詳細はSci Total Environ2020年4月30日オンライン版)に報告された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  下水疫学調査で新型コロナの流行状況把握を